カフェの家

このページでは、カフェ風の家作りを検討中の方へ、家作りのポイントを実例を紹介しながら解説します。

カフェの家 施工事例

カフェに来たようなゆったり過ごせる家

カフェの家事例1

明るい天然の木材を贅沢に使った家。自然の温もりが感じられる和室やLDKなど、住まいの快適さを大事にしつつ、おしゃれでカフェに来たかのような可愛らしいデザインが特徴です。全体的にゆったりくつろげる空間を演出するため、棚や家具にもこだわりました。

緑に癒されるカフェのような家

カフェの家事例2

「観葉植物が似合うカフェのような家が作りたい!」そんな施主のこだわりを実現した家です。外観はカフェに似合うブラウンに彩られた壁面。玄関ホールに直ぐ隣に設けたトイレは、モザイクタイルが特徴的です。

カフェの家 作り方ポイント

シンプルさを第一に

カフェ風の家を作るとき、あれもこれも欲張ってしまうと、ごちゃごちゃとした、まとまりのない印象になってしまいます。ベースは三角屋根、白い壁、木のドアなど、自然の可愛さを活かしたシンプルなものにするのがポイントです。。

好み次第で、おとぎ話にでてくるようなメルヘンな家、古いヨーロッパの建物を再現したような家にすることも可能です。カントリー帳、和風カフェ、モダンカフェなどがあります。どんなカフェにしたいかによって、特徴が変わるので、しっかりとイメージしておきましょう。

家全体のイメージに統一感を持たせる

カフェ風の家はとてもおしゃれでかわいいのですが、統一感を出すのが少し難しいかもしれません。カフェ風な注文住宅を作る計画をしている場合、どんなカフェにしたいかをしっかりとイメージして、そこからブレないように決めていくことが大切です。

また、家の外観だけに凝って、照明やポストは適当に決めてしまうのも避けましょう。カフェ風な注文住宅は、全体的なバランスが大切です。門扉、ポスト、芝生など、外構と家の一体感があって、カフェ風の家が出来上がります。

加東市で長く暮らせる注文住宅は?

イメージ画像

家の一生は30年ですが人は80年。新築するなら長く住める家が一番!災害にも強い丈夫で長持ちする注文住宅の探し方教えます。

加東市で
地震災害に強い
注文住宅は?