キッチン

このページでは「キッチン」の作り方のポイントについて実例を紹介しながら解説します。

キッチンの施工事例

ホワイトカラーがナチュラルなI型キッチン

キッチン事例1
引用元HP:秋山住研公式サイト
https://www.aki-jyu.com/works/加東市/907/

アーチ状の壁や可愛らしいオシャレ家具が揃うフレンチナチュラルな室内に合わせた、ホワイトの型キッチンです。取っ手の素材やカラードアなど、部屋の雰囲気にマッチした統一感のあるキッチンです。

注文住宅のキッチンの作り方ポイント

キッチンの種類

I型キッチン

コンロやシンクなどのキッチン設備をすべて横一列に並べた形のキッチンです。「I」の形に似ているため、I型キッチンと呼ばれています。ほとんどの家庭で使われているキッチンがこのI型キッチンであり、最も馴染みのあるタイプになるのではないでしょうか。注文住宅でシステムキッチンを導入する際に使われる形もI型キッチンになり、最近のキッチンのトレンドと言えるでしょう。

II型キッチン

コンロやシンクなどのスペースをいくつかに分離して二列になるように配置するキッチンをII型キッチンと言います。それぞれの作業を列ごとで行えるので、複数人で料理をするのが楽になります。片方を壁に隣接しない島のようにする「アイランドキッチン」の形にしやすいのもこのII型キッチンです。(アイランドキッチンはI型キッチンの場合もあります)。

L型キッチン

コンロやシンクのスペースを、L字型に配置するキッチンをL型キッチンと言います。I型キッチンに比べて、コンロやシンクの距離が短くなり、作業時間の短縮になります。キッチンスペースにとる間取りが小さくても、十分使い勝手を良くすることができます。

U型キッチン

シンクやコンロ、下ごしらえのスペースがすべてつながっているU字の形をしているキッチンをU型キッチンと言います。作業する面積が広いため、スペースをゆったりと使え、品数を多く作りたい場合に便利な形です。複数人で料理することにも向いています。

キッチンの収納ポイント

キッチンの収納は多ければ多いほど良いイメージがありますが、実際は多すぎるとスペースが無駄になってしまいますし、少ないと物が入りきらないので、家庭に合ったちょうどいいサイズにする必要があります。

また、ちょうどよく収納ができたとしても、取り出しにくい形になっているとせっかくの収納が台無しです。

物の取り出しやすさも収納の大事なポイントになってきます。キッチンの収納のポイントとしては、

この2つのポイントに注意して、キッチン選びをしてみてください。

加東市で長く暮らせる注文住宅は?

イメージ画像

家の一生は30年ですが人は80年。新築するなら長く住める家が一番!災害にも強い丈夫で長持ちする注文住宅の探し方教えます。

加東市で
地震災害に強い
注文住宅は?