子供部屋

このページでは「子供部屋」の作り方のポイントについて実例を紹介しながら解説します。

子供部屋の施工事例

家事をしながら子供の様子が見れるキッズスペース

子供部屋1

子育てママのこだわりが詰まった子供部屋。家事をしながら子供の様子が見れるので安心です。家事の導線を考えた、子育てママにとって嬉しいスペースです。

自由に回遊できるのびのびした子供部屋

子供部屋2

子供の無邪気な遊び心をくすぐる自由に回遊できる部屋。「家族が自由に行き来できるオープンな空間で暮らしたい!」そんな施主の願いが実現した注文住宅です。

子供部屋を作るポイント

子供一人あたりの広さを決める

子供部屋を作るポイントは、まず1人あたりの広さを決めること。大よそ6畳が目安と言われています。子供が高校や大学まで実家で暮らすことを考慮し、成長につれて必要になる家具が無理なく入れるよう場所を確保するのがコツ。

6畳なら学習デスクの他に、シングルベットや本棚を置くことができます。子供が成長すれば、洋服を入れるタンスや、勉強の教科書、趣味の雑貨などを入れる収納スペースも必要になってきますので、予め余裕を持ったスペースを作っておきましょう。

子供が複数の場合のポイント

子供が2~3人など複数いる場合、最初は共同で過ごせる部屋として、広めのスペースを確保しておくのがおすすめです。やがて成長するに連れてお互いプライバシーを意識するようになるため、その先には年齢に合わせて部屋を仕切る方法が良いでしょう。

子供部屋を「仕切る」方法を考えるなら、家を作る段階で柱と柱の間を長めに確保しておきましょう。将来的に「仕切る」ことを想定し、個室にした場合のシュミレーションを行っておくことも大切です。

また成長するに従って、部屋に閉じこもりがちにならないよう、子供とのコミュニケーションをしっかり取りつつ、子供のプライバシー保護にも配慮しておくのが理想。敢えてカギをつけておかないのも良いでしょう。

加東市で長く暮らせる注文住宅は?

イメージ画像

家の一生は30年ですが人は80年。新築するなら長く住める家が一番!災害にも強い丈夫で長持ちする注文住宅の探し方教えます。

地震災害に強い
注文住宅は?