水廻り

このページでは洗面所やトイレ、バスなど「水廻り」の作り方のポイントについて実例を紹介しながら解説します。

水廻りの施工事例

身支度もできる広々洗面脱衣所

水廻り事例1
引用元HP:秋山住研公式サイト
https://www.aki-jyu.com/works/小野市/892/

ゆったりと身支度ができるよう、洗面脱衣所に広々としたスペースを取りました。無駄なものは置かないスタイリッシュで使いやすい洗面所です。

モノトーン調のクールなバスルーム

水廻り事例2
引用元HP:高階公式サイト
http://www.kaiteki365.com/jirei/4/index.html

白いイメージがつきもののバスルームですが、あえて黒が多めのモノトーン調に仕上げたバスルームです。クールな印象を持たせ、一味違ったバスタイムが楽しめそう。

身支度もできる広々洗面脱衣所

洗面台作り方ポイント

洗面台は素敵なデザインすることで、身支度をする時の気分が上がって一日気持ちよく過ごせることと思います。しかし、デザインだけではなく、家族みんなに使いやすい設計の物を使う必要があります。洗面台を選ぶポイントとしては、

小さい子供がいる場合には低い位置にも鏡をつけたり、洗面台で朝髪を洗う人はノズルが長くなるものを選んだり工夫しましょう。家族の人数が多い人は、洗面器の数を1つではなく複数作ると、朝の忙しい時間帯に渋滞せずに済みます。

バスルーム作り方ポイント

一日の疲れをゆっくりと取るためのバスルームも重要ですよね。大きさや素材、デザインや扉の仕様など、こだわる点はたくさんあります。バスルーム作りのポイントは、

高齢者や小さな子供がいる場合には、バスルームの扉をスライド式にして段差をなくす設計にすると転倒を防ぐことができます。自動湯沸かし器などを設置しておくと、浴槽にお湯を張るのが楽になり、その間に別のこともできるのでとても便利です。デザインは、リラックスできるようにそれぞれの家族の好みで作ると良いでしょう。

トイレ作り方ポイント

簡素なイメージを持たれがちなトイレですが、最近はデザイン性も高く、機能も抜群なトイレルームを作る人が増えてきました。

各メーカーから様々な機能を持ったトイレが出てきていますが、機能が多い分値段も高くなることもあります。

トイレ作りのポイントとしては、

デザインについては、他の部屋との統一感を出したり、逆に全く違ったテイストにしたりと人それぞれのことと思います。家に高齢者や障碍者がいる場合は、バリアフリーにする必要も出てきます。

加東市で長く暮らせる注文住宅は?

イメージ画像

家の一生は30年ですが人は80年。新築するなら長く住める家が一番!災害にも強い丈夫で長持ちする注文住宅の探し方教えます。

加東市で
地震災害に強い
注文住宅は?